« 素敵な披露宴 | トップページ | 女子プロボクサー新人テスト »

2008年3月 5日 (水)

うまいニンジン

先日、千葉の成田へ行った。

自然の生態系を活かしたバイオダイナミック農法に取り組んでいる、弓木野さんという方を取材したのだ。

080303_13020001_3  百聞は一食にしかず。ということで、畑から引き抜いたばかりの野菜を次々と食べさせていただいた。美味しい。野菜についている土ですら美味しい。気がする。

私は野菜はもちろん、あらゆる食べ物の中でニンジンが一、二を争うほど好きなのだが、ここのニンジンはきちんとニンジンの味がする。味のないニンジンばかり食べていたので、ガリっと噛んだ瞬間、軽く体に電気のようなものが走った。それほど野菜が野菜らしく育っている。

こうなると、捨ててあるクズ野菜までもが愛おしい。拾って食べてしまいたい。お腹がすいていたことを差し引いても、そう思わずにはいられなかった。

がりがり、バリバリと野菜を食べながら、弓木野さんの話を聞いた。「自然」を軸に置くと、こんなに話が広がるものなのかというぐらい、いろいろな分野にまで話は広がっていった。

上を見れば、青い空から暑いほどのまぶしい日差しがそそぎ、下を見れば、元気にあおい野菜畑が広がっている。挟まれた私は、うつらうつらと幸せだ。こんな時間は久しぶりに過ごした。

写真は弓木野さん(中)、編集者の吉住さん(右)とホクホク顔で取れたての野菜を囲むの図。

オーガニックファーム『百姓農園』

|

« 素敵な披露宴 | トップページ | 女子プロボクサー新人テスト »